BIKEN

注意事項

https://www.biken.or.jp/を離れ、外部サイトへ接続します。

  • はい
  • いいえ

注意事項

このサイトをご利用いただくための注意事項です。
このサイトでは、医療用医薬品の適正使用推進のための情報を、日本国内の医療関係者の方を対象として提供しております。
医療関係者以外の方および国外の医療関係者の方に対する情報提供を目的として作成されたものではないことをご了承ください。
医療用医薬品について疑問を持たれた場合には、医師または薬剤師等にご相談ください。

あなたは医療関係者ですか?

  • はい
  • いいえ

BIKEN LEGEND

85th Anniversary
BIKEN LEGEND

BIKEN85年の歴史のなかで、その誕生、成長の中心となり、日本の感染症予防の発展に貢献した4人の功績を紹介します。

Tenji Taniguchi1889-1961

BIKEN財団の初代理事長

BIKEN財団の初代理事長

谷口 腆二

主な研究業績/天然痘ウイルスの観察など

ウイルスの存在自体が定かでなかった1930年代に、その染色法を開発し、天然痘ウイルスの目視観察に成功。これを機に、数々の感染症について病原物質がウイルスであることを証明したほか、その培養方法も開発。BIKENをはじめ日本ウイルス学会の立ち上げなど、日本のウイルス学の進展に大きく寄与した。谷口博士はその熱血漢ぶりも有名で、一介の助手時代に大物教授相手に学術論争を繰り広げるなど、常に己の信念を貫き通す姿から「喧嘩谷口」の異名を持つほどだった。一方で、人材育成を重んじたことも事実で、その門下からは奥野良臣博士をはじめとした微生物学をリードした研究者が数多く輩出されている。
『努力の間こそ、人は苦しくも又、最も楽しい時だ。成し遂げられたときの姿を夢に描きつつ努力を重ねる。この夢を追う楽しみは研究者のもつ醍醐味である』と語り、未知の領域への挑戦を純粋に楽しむ、研究者ロマン溢れる熱い人柄が伺える。

Gendo Yamaguchi1863-1937

BIKEN財団設立の支援者

BIKEN財団設立の支援者

山口 玄洞

主な業績/山口厚生病院設立、尾道市上水道の設置
その他、多数の教育機関、寺社への支援

16歳から大阪の反物店に勤める。真面目で正直な性格で、勤務先の店が閉店した時には、買い付けのために得意先から預かっていた大金をわざわざ京都まで返しに赴くほどであった。その人柄は顧客の信頼を集め、19歳で洋反物店を開業すると、みるみる事業は拡大し、若くして大阪でも指折りの実業家となった。銀行や大企業の重役を歴任するなど、財界で大いに活躍した一方で、自ら築いた財産を惜しみなく慈善事業に寄付したことでも有名で、たった一人で(現在の価値にして)200億円もの寄付を行い、「大正・昭和の寄付金王」と呼ばれた。これほどの寄付を行なった背景には、貧しい者には無償で治療を施し清貧を貫く仁医であった父の影響が大きかったとされる。
BIKEN設立のために寄付を行なったのは最晩年のことだったが、BIKEN財団と大阪帝国大学微生物研究所(現大阪大学微生物病研究所)あわせて25万円(現在の価値で約5億円)の寄付金は、その他への寄付と比べても高額なものの一つであった。

Yoshiomi Okuno1915-2011

国内初の麻しんワクチンの開発に成功

国内初の麻しんワクチンの開発に成功

奥野 良臣

BIKEN財団 第4代理事長

主な研究業績/デングウイルスの分離、麻疹ウイルスの分離
麻しん生ワクチンの開発 など

大阪大学医学部卒業後に同大学の谷口腆二博士の研究室に入る。生ワクチンの研究に傾倒し、日本で初めて麻しんワクチンの開発に成功したほか、風疹・おたふくかぜの生ワクチンを次々に開発。「干渉現象」を応用したウイルス分離法の確立など独創的かつ大胆な発想力と、数万人もの人々を対象とした大規模な野外実験に代表される実行力で、戦後間もない日本において欧米諸国に肩を並べる功績を残したワクチン研究の第一人者として「日本のジェンナー」と評された。

Michiaki Takahashi1928-2013

世界で初めて水痘ワクチンの開発に成功

世界で初めて水痘ワクチンの開発に成功

高橋 理明

BIKEN財団 1984年~2013年 理事

主な研究業績/水痘ウイルスの分離
水痘ワクチンの開発 など

大阪大学医学部卒業後に同大学の微生物病研究所麻疹部門に入り、奥野良臣教授のもとで、麻疹ワクチンの開発やポリオウイルスの弱毒化研究に携わる。幼い息子が水痘に感染した際、苦しむ様子を見守るしかなかった経験を機に、水痘ワクチンの開発を決意。技術的な課題、安全性への懸念を乗り越え、日本発・世界初の水痘ワクチン(Oka株)を開発した。水痘ワクチンには、当初、国内外からの批判・議論があったが、着実な臨床データの積み上げと誠実な対応で、次第に多くの協力者を得る。1983年、世界保健機関(WHO)にて、Oka株は「水痘生ワクチンの製造に適した唯一の株」と認められ、世界に水痘ワクチンが普及することとなった。