BIKEN

注意事項

https://www.biken.or.jp/を離れ、外部サイトへ接続します。

  • はい
  • いいえ

注意事項

このサイトをご利用いただくための注意事項です。
このサイトでは、医療用医薬品の適正使用推進のための情報を、日本国内の医療関係者の方を対象として提供しております。
医療関係者以外の方および国外の医療関係者の方に対する情報提供を目的として作成されたものではないことをご了承ください。
医療用医薬品について疑問を持たれた場合には、医師または薬剤師等にご相談ください。

あなたは医療関係者ですか?

  • はい
  • いいえ

BIKEN次世代ワクチン開発研究センター

  1. HOME
  2. 事業紹介
  3. 研究事業
  4. BIKEN次世代ワクチン開発研究センター

2014年、BIKEN設立80周年記念事業として、10年以上先の次世代ワクチン開発を見据え、自由な発想から独創的・革新的なワクチン開発やそのための技術開発研究を行う「BIKEN次世代ワクチン開発研究センター」を開設しました。
各分野の専門家とのネットワークによるオールJAPAN体制で、日本発・世界初の次世代ワクチンの開発研究をめざしています。

センターは、大阪大学微生物病研究所最先端感染症研究棟を拠点に研究を行っています。公募により選考された新進気鋭のプロジェクトリーダー3名が大阪大学特任教員となり、中心となって、日々研究に邁進しています。
多面的な産学協働活動展開の拠点として、幅広い先進的な研究インフラと、多くの研究人材との交流・協働による融合、共創が生まれており、研究の高度化、ワクチン開発及び研究成果の産業への活用化の相乗効果が期待されます。

SATO,
shintaro

Specially Appointed
Associate Professor

AOSHI,
Taiki

Specially Appointed
Associate Professor

YOSHIOKA,
yasuo

Specially Appointed
Associate Professor

ワクチン創成プロジェクト

プロジェクトリーダー
吉岡 靖雄(ヨシオカ ヤスオ)
特任准教授

抗原を狙った所まで送り届けるキャリアの開発、ワクチンの有効性や副作用を予測し得る血中バイオマーカーの同定と診断薬開発、バイオ化合物や低分子化合物の新規アジュバント開発を行いつつ、新規ワクチンへの到達をめざしています。

粘膜ワクチンプロジェクト

プロジェクトリーダー
佐藤 慎太郎(サトウ シンタロウ)
特任准教授

抗粘膜上皮の抗原取り込みに特化した「M細胞」の機能発現機序を解明し、各種感染症に対する粘膜ワクチンや粘膜アジュバントの発見・開発をめざしています。加えてワクチンが効きにくいとされる高齢者の粘膜免疫システムの理解も進めます。

ワクチン動態プロジェクト

プロジェクトリーダー
青枝 大貴(アオシ タイキ)
特任准教授

T細胞が認識する抗原を同定するシステムの構築、抗原提示細胞とT細胞の相互作用の可視化、安全性に優れた核酸アジュバントの開発を進め、免疫の仕組みの深い理解に基づいた各種感染症に対する次世代型ワクチンの実現をめざしています。