BIKEN

注意事項

https://www.biken.or.jp/を離れ、外部サイトへ接続します。

  • はい
  • いいえ

注意事項

このサイトをご利用いただくための注意事項です。
このサイトでは、医療用医薬品の適正使用推進のための情報を、日本国内の医療関係者の方を対象として提供しております。
医療関係者以外の方および国外の医療関係者の方に対する情報提供を目的として作成されたものではないことをご了承ください。
医療用医薬品について疑問を持たれた場合には、医師または薬剤師等にご相談ください。

あなたは医療関係者ですか?

  • はい
  • いいえ

あゆみ

大学発ベンチャーとして大阪大学に誕生。
80年を超えるワクチン開発の先駆者の歴史。

谷口 腆二博士たにぐち てんじ
大阪医科大学(当時)細菌血清学教授
BIKEN財団の生みの親であり、初代理事長
山口 玄洞氏やまぐち げんどう
当時関西を代表する実業家・篤志家。
谷口腆二らの要請を受けて
BIKEN財団設立のための資金を寄附した。

BIKENの歴史

日本初のワクチンを生み出す、
大学発ベンチャー

BIKEN誕生のきっかけは、日本の感染症対策が発展途上にあった1930年代。
当時、40歳の若き細菌学者、谷口腆二博士は「日本国民を感染症から守るためには、海外の西の門戸である大阪にも伝染病に関する研究機関が必要だ」と考え、奔走しました。
その熱い思いは人々を動かし、山口玄洞氏の篤志を基金に、1934年、阪大微生物病研究会(以下、BIKEN財団)が財団法人(当時)として誕生。
微生物病の基礎研究は研究所(現大阪大学微生物病研究所)が行い、その応用研究とワクチン等の製造・検査、供給をBIKEN財団が担うという“大学発ベンチャー”は、当時、画期的なものでした。

革新に挑み続け、すこやかな社会に貢献

戦後間もない1946年には、発しんチフスワクチン供給のニーズに応えるべく、香川県に観音寺研究所を設立。1961年に完成した不活化ポリオワクチン国産第一号をはじめ、多くの国産第一号のワクチンを開発し、世に送り出しました。中でも水痘ワクチンは、日本発・世界初のワクチンとなりました。

BIKENの年表