BIKEN

注意事項

https://www.biken.or.jp/を離れ、外部サイトへ接続します。

  • はい
  • いいえ

注意事項

このサイトをご利用いただくための注意事項です。
このサイトでは、医療用医薬品の適正使用推進のための情報を、日本国内の医療関係者の方を対象として提供しております。
医療関係者以外の方および国外の医療関係者の方に対する情報提供を目的として作成されたものではないことをご了承ください。
医療用医薬品について疑問を持たれた場合には、医師または薬剤師等にご相談ください。

あなたは医療関係者ですか?

  • はい
  • いいえ

2022年度 BIKEN谷口奨学生募集要項

  1. HOME
  2. 事業紹介
  3. 学術助成事業
  4. 奨学生募集
  5. 2022年度 BIKEN谷口奨学生募集要項

1. BIKEN谷口奨学金制度の概要

BIKEN谷口奨学金制度は、当会初代理事長である谷口腆二博士の若い研究者を育てられた精神「一年の計在植米、十年の計在植木、百年の計在植人」の志に基づき、微生物病学の次代を担う若い研究者の成長、優秀な研究者の育成に寄与することを目的とし、1962年に創設されました。
2020年度からは、微生物病学を専攻する優秀な大学院博士課程の学生を対象とした返済義務のない給付型奨学金制度として再スタートしました。

2. 奨学生の応募資格

BIKEN谷口奨学生は、次の応募資格を全て満たす必要があります。

① 2022年4月1日時点で下記在学年次いずれかの大学院博士課程に在学する者

在学年次

  • 医学、歯学、薬学または獣医学系の4年制博士課程第1年次~第3年次
  • 5年一貫制博士課程の第3年次~第4年次
  • 区分制博士課程の後期第1年次~第2年次
  • 後期3年課程のみの博士課程第1年次~第2年次

② 2022年4月1日以降、当会が指定する下記対象機関において微生物病学(感染症学など)を専攻しようとする者

対象機関

日本医療研究開発機構(AMED)の新興・再興感染症研究基盤創生事業 海外拠点研究領域に採択されている下記10機関

  • 北海道大学 人獣共通感染症国際共同研究所
  • 東北大学 大学院 医学系研究科
  • 新潟大学 大学院 医歯学総合研究科
  • 東京大学 医科学研究所
  • 東京医科歯科大学 大学院 医歯学総合研究科
  • 大阪大学 微生物病研究所
  • 大阪市立大学 大学院 医学研究科
  • 神戸大学 大学院 医学研究科 附属感染症センター
  • 岡山大学 大学院 医歯薬学総合研究科
  • 長崎大学 熱帯医学研究所

③ 本奨学金の支給期間中は、企業等との雇用関係を有さない(予定)者
※ 企業からの出向者等は本奨学金の支給対象外となります。

④ 日本国籍を有する者

⑤ 学業成績・人物ともに優秀であり、心身ともに健康で、受入先指導教員の推薦を受けられる者(推薦書をご提出いただきます)

⑥ 本奨学金の支給期間中は、日本学術振興会の研究奨励金や、給付型の奨学金等(同種の資金を含む)を、当会以外の団体から受給しない(予定)者(併給不可)

⑦ 同年度における本奨学金への申請者が 、 同教室かつ同学年において1名以下である者(異なる年度、 もしくは異なる学年の場合は、同じ研究室であっても応募資格があります。)

3. 採用予定人数

10名程度

4. 奨学金支給内容数

① 支給額:月額8万円

② 支給期間:2022年4月から、在籍する機関の最短修業期間まで

③ 支給方法:原則、毎月一定日に奨学生ご本人名義の指定口座に振込みます。
※当会の奨学金は全額を支給するもので、返還義務はありません。

5. 応募の要領

2021年10月10日までに、当会ホームページのBIKEN谷口奨学生募集ページに、下記応募書類をご提出してください。

① 申請書:(当会指定の様式 )

② 奨学生受入先指導教員の推薦書:(当会指定の様式)

③ 成績証明書の写し:(学部及び修士課程相当期間、博士課程在学中の方は直近の成績まで)

④ 合格通知書、もしくは在学証明書などの写し:本奨学金の対象機関(2. 奨学生の応募資格参照)に在学することがわかる証明書

※ ①申請書、②奨学生受入先指導教員の推薦書は、当会ホームページのBIKEN谷口奨学生募集ページより、指定の様式をダウンロードしてください。
※ ②奨学生受入先指導教員の推薦書は、奨学生受入先指導教員自らが当会ホームページのBIKEN谷口奨学生募集ページにご提出してください。
※ 合格証明書等、上記の募集期間内に入手することが難しい書類がある場合は、その旨をご連絡いただき、入手次第追って提出してください。

6. 奨学生選考の流れ

① 選考:
第一次選考(書類選考)及び第二次選考(面接選考)により行います。ただし、第一次選考(書類選考)合格者のうち、書類選考の結果によっては、第二次選考(面接選考)を免除し、第一次選考をもって採用内定とする場合があります。

② 結果通知および認定式:
選考結果は年内に通知します。採用内定者は別途指定する所定の手続きをお願いします。2022年3月~4月に認定式で認定書の授与、および制度説明を行いますので採用内定者は必ず出席してください。

7. 採用後の奨学生の義務 ※奨学生採用決定時に誓約書をご提出いただきます。

① 奨学金支給期間中は、在籍機関で所定の学業、研究に精勤すること

② 奨学金支給期間中の活動について、当会の求めに応じて活動報告書、並びに成績証明書等を提出すること

③ 奨学金支給期間中は、原則当会指定の行事(認定式、活動報告会など)に参加すること
※イベント参加にかかる旅費は実費分を当会が負担します。

④ 本奨学金が寄与した研究成果を、博士論文及びジャーナル等に発表する場合には、本奨学金による助成を受けたことを記載すること

⑤ 学籍、修学状況や連絡先に変更が生じた際には、速やかに当会に報告すること

8. 奨学生の受入先指導教員及び受入機関の義務

BIKEN谷口奨学生の資質の向上を図るため、学業成績及び生活状況に応ずる適切な指導・助言を行うこと

9. 奨学金の休止、停止または返還事由

以下の事由が生じ、又は判明したときは、当会の判断で以降の奨学金の休止、停止を行い、状況により、すでに支給した奨学金の返還を求めることがあります。

① 留学や休学、および転学、退学などにより指定の対象機関から所属を離れたとき

② 傷病、疾病などのため卒業の見込みがなくなったとき

③ 学業成績または性行が不良となったとき

④ 奨学金を必要としない理由が生じたとき

⑤ 当会が指定する義務を怠ったとき

⑥ 虚偽の申請、その他不正な手段によって奨学生に採用されたことが判明したとき

⑦ その他奨学生として適当でない理由が生じたとき

10. 個人情報の取り扱い

ご提供いただいた個人情報は、当会の個人情報保護方針に従い、適切に取り扱い管理します。
ご提出いただいた個人情報は、選考に関する手続き、およびご本人への連絡作業、その他本奨学金制度の目的を達成するために必要な範囲内で利用させていただきます。
本奨学金制度の目的達成のために、ご提出いただいた個人情報を外部の選考委員等に提供することがあります。
以上、個人情報の取り扱いに関する当会の方針に同意した上でご応募ください。

11. 奨学生修了後の調査への協力のお願い

本奨学金制度の充実を図るため、本奨学生経験者に対し、奨学生修了後ご所属等の現況調査を行っています。本調査への協力を本奨学生採用の条件としますので、ご承知ください。 なお、本調査や本奨学金制度の検討に際し、奨学生修了後であっても連絡をすることがあるため、連絡先の住所・就職先・Eメールアドレス等が変更になった場合は速やかに下記問い合わせ先(事務局)に届け出てください。

12. その他

本奨学金の支給による将来の就職等については、何ら制約はありません。
本奨学金は、所得税法上の課税所得の対象となる場合がありますので、各自で所管税務署にご確認ください。

11. 問い合わせ先

一般財団法人阪大微生物病研究会
BIKEN谷口奨学生募集受付担当

住所:〒565-0871 
大阪府吹田市山田丘3番1号

Mail:ts2020@mail.biken.or.jp

Tel:06-6877-4804
※ 電話の受付時間は9:00~17:40(土日祝日を除く)